ココロのデトックスはパンケーキで

マクロビオティックのススメ

あなたはマクロビオティックという言葉を聞いたことがあるでしょうか? 近年はマクロビオティックの食事を専門に出すお店も増えており、特に美容や健康に気を使う女性に人気が高まっています。
そもそもマクロビオティックとは、20世紀に入り注目を浴び始めた玄米を中心とした穀物菜食+陰陽的な思想をもとにした生活理論です。

マクロビの最大の目的は、自然と共生しながら最後の時まで健康かつ穏やかに人生を送るというものです。
そのためには、日々の食生活が極めて重要であり、マクロビの理論に基づき調理された食事は健康・美容に良いとされ健康食として日本人だけでなく、海外のタレント・スポーツマン・政治家まで幅広い層から支持を集めています。
以下では、マクロビオティック健康食の特徴についてご紹介していきます。

1.地産地消を心掛ける マクロビオティック健康食の二大原則の1つとされるものに「身土不二」という言葉があります。
これは、分かりやすく言うとその土地に適したものを心掛けましょうということです。
つまり、日本であれば四季が豊かで1年間に様々な農作物が取れますので、その時期に合わせた食事を行いましょうということになります。

2.食材は残さず食べる もう1つの大原則は「一物全体」です。
こちらは、1つの食材は全て捨てずに食べることで本当にバランスの取れた栄養を確保できるという考え方です。
皮や根などを捨ててしまうと、本来その食材に含まれる栄養の一部を摂取できないため、マクロビオティックではそうした箇所も捨てずに食べれるよう様々な工夫がなされます。

3.陰陽を中心とした食事を行う 陰陽と言うと、何だか良くわからないというイメージを持たれる方も多いかと思いますが、マクロビオティックでは世の中の全てのモノは陰陽によって構成されていると考えています。
それを食事に応用することで、陰性の食材と陽性の食材のどちらにも偏らない食生活を送り健康を保つことが可能になるとされています。

マクロビオティック健康食は現代医学で治療が困難とされた患者が行き着く健康法の1つでもあるため、そうした悩みを抱える方にも是非実践してもらいたいと思います。